HOME > 試作品製作 > 3Dプリンタでできる事

3Dプリンタでできる事

3Dプリンタの存在はものづくりに変化をもたらすと言われています。
確かに、3Dデータさえあれば様々なものがプリンティングでき、なおかつ安いコストで製作する事ができます。ただし、精度を要求される場合には材料費が割高となり、大量生産には向いていません。
こちらでは、3Dプリンタでできる事をご紹介します。

コストを抑える事ができる

3Dプリンタは設計図の3Dデータどおりに素材を積み重ね、立体物を作成できる装置です。
もともと3Dプリンタは大量生産を行う前の試作品を製作する目的で作られました。試作品は主に構造やデザインをチェックするためのものであり、必要最低限のコストで製作する必要があります。それを実現できるのが3Dプリンタです。

高い精度を必要としない場合の材料費は安価ですが、3Dプリンタの平均材料単価は1kgあたり約4〜6万円です。しかし、部品の組立に必要な人件費や製造にかかる時間の削減など、様々な点によって全体的なコストダウンが可能となります。
従来の製法では1つの製品を作るために材料の削り出しや型取りなどが必要となり、その分製造機器・材料・作業員もそれぞれ必要になります。しかし3Dプリンタでは樹脂や金属を水平断面で重ねる事によって形成しますので、これらの工程やコストが必要なくなるのです。

また、重量を抑える事ができるという利点もあります。全ての部品を3Dプリンタで作る事ができる訳ではありませんが、部分的に活用する事によって製品の軽量化が可能になります。
試作品では素材にこだわる必要はありません。3Dプリンタを使用して実物を作る事で、製品開発にかけるコストを抑える事ができます。

細部まで表現が可能

3Dデータを元に形成するので、細部まで細かく表現する事が可能です。ただし、3Dプリンタの種類によっては、材料を積層する事による等高線状の段差によって表面が凸凹でざらついてしまい、平滑研磨の後処理が必要となります。
細部まで表現が可能という事は、デザインを重視する上で特に重要となります。
デザイン段階でのイメージは、紙の平面から立体造形になる事でずいぶんと印象が変わります。3Dプリンタで素早く試作品を作る事で、デザイン・外装設計の修正作業も時間・費用を無駄にすることなく早い段階で行う事ができます。

加工スピードの早さと手軽さを併せ持った3Dプリンタの活用により、時間の短縮だけでなく製品の質の向上にもつなげる事ができます。
当社では試作品製作の他にも、工業デザインや設計、金型製作、加工技術の提供も行っております。 加工技術では精密板金加工試作や精密機械加工が可能です。
まずは電話やお問い合わせフォームのページにてお問い合わせ下さい。



ページトップへ

株式会社 内外 [財団法人日本品質保証機構 登録番号:ISO9001:2000/JQA-QMA10116]
〒578-0935 大阪府東大阪市若江東町3-2-18  Tel:06-6721-8851  Fax:06-6723-5123  ひかり電話:06-6185-8851 
URL:http://www.kknaigai.co.jp  E-mail:
Copyright(C) 2007 - 2014 NAIGAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.